2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« パネル裏側 | トップページ | 遠方から »

リアクオーター

今回は、デントツールのアクセスが困難な場合の穴あけに関して説明します。


六戸町からE様が愛車ヴェルファイアでご来店
1_73


右リアクオーター、プレスライン上の凹み
1_34


1_332


1_43


この位置の修理ではまずタイヤを外します。
次にインナーカバーも外します。
1_11

カバーを外しても凹み位置、パネル裏側は見えません。
タイヤハウス部分に穴をあけてツールをアクセスさせなければ良い仕事は出来ません。
1_57

しかし、今回のヴェルファイア何やら数本のパイプが這っています。
内部の構造が判らないまま穴あけして、万が一という事も考えられますので内貼りも外し確認します。
1_39


1_23


Img_5025

1_19

  ------------------------

内部の構造が判ったので、もっともBESTな位置に直径10㎜の穴をあけます。
1_26


内側から見た穴
1_452

マスキングテープ部分が凹み位置です。

これでツールがアクセス出来、リペアも難なく終了!
1_35


1_37


1_69


1_63


1_65


あとは穴の周りの防錆・防水処理をして、プラスチックキャップで塞ぎます。
※インナーカバー装着後は目に触れる事はありません。
1_53


1_55


1_49


1_492


※ドアパンチの際付いたキズは事前にポリッシャーで磨き消しておきます。凹み状況を的確に確認するためとても大事な作業です。
1_41


1_59


内貼り装着・インナーカバー装着・タイヤ装着
これで全ての作業が完了です!


ほとんどの車種のリアクオーターに関してはこの作業が必要になります。

以上、リアクオーター、ペイントレスデントリペア作業説明でした!


E様、塗装をしなくてもキレイに直って良かったですね。 (^^)/
この度の当社ご利用、誠にありがとうございました。



カーマジックサトウ



Hyou26091204


Windripeanatu2_604_152

« パネル裏側 | トップページ | 遠方から »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアクオーター:

« パネル裏側 | トップページ | 遠方から »