2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ぼやけています。 | トップページ | どこへでも »

ダメージを代わりに

O様の愛車、アクセラ
納車されたばかりの新車


知って欲しいのは、下地作り磨きの重要性です。

Img_1403

Img_1398


分かりやすいようにマスキングテープで境界線を作ってみました。
4

3

クリア層の艶ボケ・・・
磨く事でこんなにも違いが・・・
わかりますか・・?
2

1


高価なコーティング剤を塗り込むから素敵な状態になるわけではありません。

下地をしっかり作る事で愛車が蘇り、素敵な状態(艶のアップ等)になるのです。

更にコーティング剤を塗り込んだら・・・

なぜ磨く・・
たとえば新車を購入した時、ホイールはスチール製にホイールキャップ、オーディオはメーカー純正品・・

この状態でもなんら走行には問題ありませんね!

皆さんはどうですか?


1.このままで充分
2.ホイールはアルミに、オーディオは好みの社外品で・・・


2を選んだオーナー様はたぶんボディーの状況にも満足できず何らかの行動に出るのでは・・

何らかの行動・・?
満足出来る状態にするには磨きをするしかありません。


O様、コーティング前の下地作り、素敵な艶になりました。
コーティングするまでもないかも・・(^O^)/

艶のアップだけでしたらそうかもしれませんね!


コーティングする本来の目的は・・?

純正塗装への様々なダメージを防御するための被膜を作ってあげる
ダメージを代わりに受ける

※傷んだ部分は定期的なメンテナンスで修復してあげる・・

私の考えは間違っているかもしれません・・
皆様からのご意見等お待ちしております。


ボンネットに写り込んでいる、丸い照明部分に注目!

カーマジックサトウ

Facebookページも宣伝

    カーマジックサトウ


Kakakusueoki3_2

Hariakikaku280

Windoripea1

« ぼやけています。 | トップページ | どこへでも »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダメージを代わりに:

« ぼやけています。 | トップページ | どこへでも »