2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

重ね線切り貼り

「絶対、カッティングマシーンの寸法ミスだ。」

IMG_0036

ネッツ配車センター様でのウィッシュZNE149のトヨタ純正パーツフィルム(IRカット)の施工中
リヤ3分割の真ん中部分のフィルムの幅が大きく、熱線からはみ出してしまうのです。
1枚目、3枚目でしたら大きい部分を端にずらすことで解消できますが、真ん中部分はそうはいきません。

即頭の中は、重ね線切り貼り
2枚目、3枚目を熱線より広く重ね、熱線の中心部分をカッターで破損させないように切っていき、切り取った部分をはがせば隙間なく、分割して貼ったとはわからない状態に仕上げます。IMG_0041

IMG_0043


こんな事態にも慌てる事無く対処出来るよう、数種類の施工方法は絶対身につけておくべきです。

今日はこの後、隣町の一般住宅窓のフィルム貼りの打ち合わせ・見積り作成に行って来ました。
また、夕方むつ市のアリストにお乗りのお客様よりコーティングに関しての相談の電話いただきました。
T様、明日詳しい事調べてお電話しますのでよろしくお願い致します。

以前は「ママレモン」

フィルム施工に使う液剤は、ガラス洗浄、フィルム貼付とも以前は「ママレモン」でした、スクールでもそれで習ってきました。
数年前から専用の液剤が開発され、今では洗浄用(DIRT-OFF)、輸入フィルム用(FILM-ON)どちらも輸入品、それと、リンテック社サンマイルドフィルム専用液をそれぞれ使い分けています。プロとしてのこだわりです。
IMG_0032

今日は初代ヴィッツのフィルム貼り久々にやりました。
フィルムはリンテック社サンマイルドGY15IRを使用です。もちろん貼付はリンテック専用液剤です。
このフィルムが一番人気があります。紫外線カットはもちろん、IR(赤外線)カット機能もしっかりとついています。
IMG_0034IMG_0035

建物用フィルム

カーフィルムの仕事をしている関係で、建物の窓のフィルム貼りを頼まれることがあります。
真四角だから簡単と思いでしょうが、容易くはありません。

大きい面積で、もちろんフィルムそのものも大きくカットした物を貼る事になるのですから、車に貼る感覚と同じわけにはいきません。

写真は以前空きコンビニを、会社の事務所で使用する知人から頼まれ施工した時のものです。100-0045_IMG
100-0047_IMG
上の小さい所意外、全部に貼りました。

日中の車関係の作業後、夜に貼付して4日くらいかかりました。

気合

久慈市に到着したのは朝7時。昨日、業者様からの依頼で出張ウィンドリペアです。
早く来たのには訳があります。社員が出社する前に是非ここ久慈地区の車屋さんに、デントリペアのチラシ配りをしたかったからです。約30分で25社にポスティング「是非、見て頂いてお電話下さい!」と祈りつつ・・

今日は5時半起き、最近意識的に『気合』を入れてます。・・・もうすぐ創立11周年・・・
久慈の業者さんには、朝食をコンビニで済ませ、8時半に出撃。
AudiA4に2ヵ所飛び石キズ。約2時間できっちり修理。
IMG_0022

お昼まで工場に戻り自宅で昼食。次はレジアスWのリヤガラスフィルム貼り。
最近ではめずらしいシルバータイプ(俗に言うミラータイプ)
さっさと終わらせ納車。
IMG_0027

その足で中古車屋さんの展示車マークⅡブリッド、左リヤドア3cmと2cmのデントリペア。
トリム外さなくても作業が出来る位置で大助かり。展示車輌は移動しないでそのままの状態でも修理可能です。IMG_0028

ラストはディーラーのセールスマンからの依頼でパッソのリヤガラスフィルム貼り。
工場へ行くとタイヤ交換の為リフトに上がっていました。
背がそれほど高くない私には、ちょいとつま先立ち状態での作業。
それにしても、メーカーの色付ガラスは中途半端に薄くて結構濃くしたいがために更にフィルムを貼るお客様がいます。いっそのこと色付きはやめてお客様が好みのフィルムを選べるようにした方が良いのでは・・・
(フィルム業者誰もが願っている事)
IMG_0030

今日はテキパキと仕事が片付いた、充実した1日でした。
明日も『気合』です。

窓全開・・・・

「子供が食べすぎで車内で戻してしまい、クリーニングして欲しい。」
とお客様から依頼があり、引き取りに行ってきました。

窓全開・・・・ 臭い ・・・#$'&%'"&・・・

運転席シートと中央コンソールボックスの隙間になにやら怪しい物体発見(異臭発生源)。

シート、コンソール周りを外します。rc_003rc_002rc_004
今回は前席側のみクリーニングという条件での作業です。

徹底して脱臭作業(業務用スティンキラー使用)
午後3時の預かりで、翌日お昼のお渡しです。
通常クリーニング(5ナンバー)では丸2日預かって細部までキレイに仕上げています。

今回のようなクリーニングは極力少ない事を祈っています。

クリスデント

ホンダS2000のお客様が来店されました。__0925_004

左ドアに2箇所のへこみ、1箇所はドアミラー側パネル縁部分で裏側にちょうど補強板があり、ツールがうまく当たらなくて苦戦。しかもプレスラインにかかっている6cmクリスデント(縦長に折れが入っているヘコミ)。
ガラスまで外してなんとか修理出来ました。
もう一箇所はドアノブ付近で3cm、こちらは数分で終了。0925_0010925_002


お客様に喜んでもらったうえ、コーティングの予約まで頂きました。ありがとうございます。

中古ドアパネル

デントリペアを始めた頃は、スクラップ屋さんから処分するボンネット、ドアパネルをもらって来ては毎日へこみを作っては練習したものです。
最近、依頼されるヘコミが難しい場所、形状のものが多く、今の自分の腕では「はい、修理できます。」とは言えない状況です。しかし、1ランク上を目指さなければこの業界で生き残っていくのは難しいのは事実。
という事で、初心に戻り中古ドアパネルを知り合いのスクラップ屋さんから頂いてきました。
doa
猛特訓中です。
今まで断ってきたヘコミもキレイに直せるようになって、お客様から喜んで頂くのが当分の私の目標です。
業者の皆さん、このドアパネルを営業車に積んで目の前でデモ修理も可能ですので是非、何処まで直せるのか自分の目で確認して下さい。ご連絡お待ちしております。

VWルポ

コーティング作業での磨きで使うバフには様々なものがあります。
ボディー状況を見極め最も適した物、またそれにあったコンパウンドを選んで作業しなければなりません。
写真はVWルポ、朝から始めて先程(21:15)ようやく完了しました。IMG_0001

鉄粉除去

ニッサンモコのコーティング前の鉄粉除去の様子です。
床を流れるように見えるのが除去された鉄粉です。mocoteppun


せっかくキレイに洗車したのに、何かザラザラした嫌な感触に悩まされたことはありませんか・・?
鉄粉が原因していることが考えられます。

当社ではプロ用鉄粉除去剤を噴霧器にてボディーへ吹きつけ作業をしています。 

達人

今夏7月に、デントリペアの達人達に会う事が出来た。
関東方面で活躍している方達で、こちらから直接お会いしに行った。

---度肝を抜かれた---

スクールで購入したツールはあくまでも基本的なもの・・・?

作業中不便を感じた物は独自に工夫して、あるいは自作してあるのです。
ほとんど全てと言っても過言ではありません。凄すぎる・・・・。

道具も凄いが、腕は超達人!  いつかは自分も、という気持ちで往復約1,500kmの道程を我が愛車ハイエースバンで帰ってきました。
sagyou


写真は在る日の作業風景

クリーニングは大変だー。

RF2ステップワゴンのルームクリ-ニングです。
中古車屋さんのスタッフから、お客様へ見せる前にキレイにして欲しいと
頼まれました。rcstepwrcstepw_1

是非お買い上げしてもらう為にも、イスはもちろん外し、目に見えない細部までも徹底して
クリーニングしていきます。
なんとか売れれば良いですね!

それにしてもミニバンのルームクリーニングは大変だー。
2日お預かりです。

ゴルフ5

ゴルフ5のフィルム施工後、乾燥中の様子です。
4と比べてドアトリム脱着がやりやすくなったのと、何よりもドア三角小窓部分がとても貼りやすくなった事です。
ドアガラス部分はクルクル貼り・・?でキレイに貼る事が出来ます。
golf5
golf5_1

今日は他に、ステップワゴンのルームクリーニングをやっていました。
記事は明日のブログで!

小さなヒビでも・・・

中古車屋さんの依頼で、車検整備中のスプリンターバンCE106Vのウィンドリペアへ行ってきました。
運転席上部にあり、車検不適合との事です。どんなに小さなヒビでも車検は通りません。
それよりも心配なのが、大きく伸びないように早めの処置が絶対必要かと思います。
IMG_0006
IMG_0005


今日は他にゴルフ5のフィルム施工やりました。
またPoloのデントリペの問合せのお客様、施工可能かどうかの的確な判断が出来ず申し訳ございませんでした。

穴開け

デントリペア作業で、ツールアクセスが困難な場合、やむ終えず穴を開けて作業することがあります。
極力目立たない場所を選んでやるのですが、お客様の中にはどうしても嫌がる人もいます。
もちろん前もって了解を得てからでないと出来ません。
穴の径は10mmです。
00000019
00000020
写真はドアの下側に穴を開けたものです。
作業後は、防錆、防水処理をした上で専用のプラスチックプラグで塞ぎます。

BORA出張フィルム

ディーラーへBORAの出張フィルムへ行ってきました。
BORAは輸入車にしては、リヤボードの脱着が容易で、ドアトリムも外さなくて貼れるので助かります。
リヤガラス、ドアガラス、ドア三角窓と貼って行くのですが、最後の一番小さな三角窓が一番厄介な部分です。
ゴム枠で隙間を見せない様に貼らなければならないからです。
IMG_0001
IMG_0002
作業終了後、ウィンドリペアの依頼先へと向かいました。

「三沢です・・」

---------1本の電話------------

「隣の車に強風でドアをぶつけてしまいました。デントリペアで直して欲しい・・・」

「お住まいはどちらですか?」   「三沢です・・」

「相手の車は?」  「VWトゥーランです。」  「へこみの場所は?」

「右リヤタイヤハウス上前方側です・・」

初めての車でトリム脱着ももちろん未経験、お付き合いのあるディーラーから十数枚の説明書をプリントアウトしていざ出張!

場所的にトリム外しても作業態勢が極めて窮屈と判断、タイヤハウス内から攻める・・・?
ハウス内カバー隙間から覗いてみると袋状になっていて穴あけが必要・・。
k41031050680922
加害者側・・・なんとか直してほしい様子・・・
被害者側・・・もちろん穴あけはしたくないとの事、また内張りはずしもしたくないとの事(事前にかなり困難な作業になると強く言い過ぎたかも・・反省・・・)

デントリペアではどうしようもない状況になってしまった。

ということで、作業はせず、三沢まで往復約80分のドライブをしてきました。


加害者の気持ちを考えると、なんとかしてやりたかったが、被害者側の意見を重視です。
加害者側の奥さん、旦那、3歳の可愛い息子さんと、被害者の方を後に、複雑な気持ちで帰ってきました。

「なか卯」

ネッツ配車センター様でヴィッツの出張フィルム施工を終え帰宅途中、45号線沿い馬渕川を越え、郵便局本局方面の景色を眺めた時普段見慣れている場所の、ある物がやけに目に焼きついて気になった。

とても高いのである。普段は気にならなかったのに今日はどうしてだろう・・・?

「なか卯」 のその看板である。

IMG_0016

周りの看板ははるか下、その中で異常に高すぎる!

他の「なか卯」の看板もそうであろうか・・?

普段何気なく見過ごしてしまっている物も、注意深く観察すると色々な物が見えてきそうな・・・・

セリカ185

「中古セリカにフィルム貼ってくれ。」 ととある中古車屋さんから
電話があり出張施工して来ました。
serika
serika2


中古と聞いて205の型紙を持参した所、もう一つ古い185でした。


屋外でしたので、埃には充分注意しての作業となりました。

ルーフデントリペア

鈑金屋さんの依頼で、33シーマの出張作業してきました。

お客さんが修理で持ち込んだ時には、へこみは無かったそうです。
約4cmのへこみ、内張りを剥がしてみるとなんと補強材の部分。
小さな穴からのツールアクセスになりました。プッシュツールは使えなく、ツイストハンドツールでの修理です。
どちらかと言えば、プッシュタイプの方が作業性は上です。

IMG_0006
IMG_0005


パール塗装で、鈑金屋さんも塗装なしで修理出来て良かったと喜んでいました。

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »