2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

6角ボルト

またも、ネッツ配車センター様へフィルム施工で行って来ました。
abensis_014


アベンシスAZT255です。
今回はこちらのフィルムを持ち込んでの作業です。初めての車で型も無いので全て1からの作業となりました。

ドアトリム脱着の際今までに無いパターンに驚き!「AVENSIS」と記された蓋を開けるとずっと奥に6角ボルトの頭が見えました。10mmのラチェットで外す、今までに無いタイプです。
なぜ通常の十字(プラス)じゃないのだろう・・?

abensis_009
abensis_011


後部席シート、リヤボード、ドアトリム脱着も含め約4時間の作業でした。

一回り小さい

016

アルファードにも、透明断熱純正パーツフィルムが発売され、ネッツ配車センター様より施工依頼があり行ってきました。
アルファードはスライドドア部分のガラスが非常に困難な作業になります。
リヤ側窓枠がガラスを覆い隠す様に張り出ています。その奥まったガラスランの部分へフィルムを差し込まなければならないからです。

そんな心配は無用でした。純正品はフィルムを本来より一回り小さく作ってあります。
その分作業性は良いのだが、かなりの隙間が生じます。透明タイプだとまだ目立たないのだが、、着色タイプだとちょっと気になります。

今日はついでにもう一台ヴィッツも頼まれました。

隣でバーベキュー

日曜日でも前もって仕事の予約が入っていれば、休むわけにはいかないのが自営業のつらいところ、というか仕事があるうちに稼いでおく・・という感じです。

中古車屋さんへ、RA1オデッセイのフィルム施工です。
この車のリヤガラスは左右両端部分がきついRになっていて、またもフィルム業者泣かせのタイプです。
それとドアガラスラン部分のガラスの収まりがきつく、フィルムを差し込むには、その部分をいったん外し隙間を作ってあげなければなりません。burog_003

巨大な屋外シート内での作業となりました。
その隣でスタッフ達が昼食のバーベキューをやり始めました。(写真ムーヴが止まっている位置で)
匂いがたまりません・・


フィルムカッティング作業場は愛車ハイエースバン荷室となります。
本当に稼いでくれる頼もしいパートナーです。

burog_001


正にサッカーボール

旧型セレナKVC23のフィルム施工です。

以前、「なんかとても貼りづらい車だな~。」 という記憶があります。
案の定ガラスが丸いわ丸いわ。

リヤだけと思ったら、サイドクオーター部分も!
通常は横にRがあるのだが、この車縦方向にもRがしっかり入っています。いわゆる球型です。

考えてみて下さい、たとえば目の前に四角い箱と、サッカーボールがあります。
これを新聞紙でキレイに包んでください。どちらがキレイに包めますか?

今回のセレナの、特にリヤガラスは正にサッカーボールです。
前回は2枚線切り方法でしたが、今回はしっかり1枚貼りで仕上げました。

右サイド2枚のガラスは3点ビス止めで外さなければキレイに貼れません。
外したガラスは自作の作業台へ載せて施工します。

IMG_0003
IMG_0002
IMG_0004


片道約1時間

先日、久慈市のいつもお世話になっている整備工場よりウィンドリペアの依頼があり、出張してきました。

片道約1時間の距離です。
地元にも業者さんはあるのですが、私を呼んでくれます。
到着したらその業者さんが他の車のガラス交換していました。

その前でこちらはガラス修理。
こんな時は「なんか都合悪いなー。」という気持ちになります。


dorir11_006
miznuki_008

ウィンドリペアではヒビの見極め、水抜き、ドリル作業、レジンをヒビ先端まで入れてやるノウハウ、特殊工具等、全てが組み合わさって初めてパーフェクトリペアが完成されます。

写真はドイツ製ドリル、米国産水抜き剤です。

隠しネジ

ドアトリムを外すとき、隠しネジを見つけなければならないことがある、「たぶんここのパーツを外したらその中にあるはず・・・」


pasad_002
pasad_003
pasad_004


昨日やったカーフィルム施工のパサードワゴンは何台もやって分っているのだが、最初の頃はとても苦労した、というか、マイナスドライバーを差し込む位置を誤り破損、弁償したことがあります。(-_-;)
ここのパーツはかなりきつくツメが固定されていますので、初めて外すときは冷や冷やです。

ディーラーのメカニックに聞いても分らないときがあり、リスクを冒してもトライしなければならない時があります。

クリップは破損することはなく外せます。

透明断熱フィルム

6/21 盛岡より、BMWのフロントドアガラスに、透明断熱フィルムを貼って欲しいとお客様が来店されました。

使用したフィルムはリンテック社IR25HDです。

bmw_0042
bmw_003
bmw_002

こちらのお客様は今回で4度目の来店です。過去にデントリペア2回、フィルム2回目です。

わざわざ遠方より来てくれるお客様は本当にありがたいものです。
透過率はガラスと合算して73%ですので車検は大丈夫です。

後日お礼のメールいただきました。

----- Original Message -----
From: "T**** I****" <*****@nyc.odn.ne.jp>
To: "カーマジックサトウ"
Sent: Wednesday, June 22, 2005 10:24 PM
Subject: Re: こんばんは

> こんばんは、Iです。
> 昨日はありがとうございました。
>
> 装着後の感想ですが、やっぱり貼ってもらって良かったなぁと思ってます。
> 明らかに車内に入ってくる日差しが和らいでます。
> 例えるなら、夏のギラギラした日差しが、春の柔らかな光に変わるといった感じでしょうか・・・(^^)
> 前回、施工してもらったクワンタムと相まって明らかに冷房の効きが良くなったように感じます。
> 視界もフィルムを貼っていることを全く意識しないほど良好です。
> これで、これからの暑さ本番も快適に過ごすことができそうです。
> 本当にありがとうございました。
>


NEWコーティング剤

新しいコーティング剤が出来たということで早速自家用車で試してみた所なかなかよいので、モニター的に了解を得てランエボⅣへ施工する事になりました。

このコーティング剤、いいのはいいのですが、ふき取りが半端じゃなく重くて重労働!終わったときは腕から肩辺りがパンパンになりました。

これからのお客様にも取り入れてもよいのだが作業性が難題・・・

艶、耐久性は間違いなくよいものと思います、ちなみに素材はSio2のガラス皮膜です。詳細は後日。

細部の磨きを考慮して、外せるも物は極力取り外します。


IMG_00192

IMG_0010

複数デント

Y33グロリアのデントリペアを中古車屋さんから頼まれました。

左右両ドア合計7ヶ所ありました。

同一パネルに複数ある場合は、割り引きとなりますのでお得です。

guroria_002
guroria_001

エクボは似合わない


フォレスター、SG5のコーティング頼まれました。
ピカピカに磨いてコーティングされた愛車にはエクボは似合いません。


_001


左フロントフェンダーにある凹みも一緒に直すことになりました。


_002


下地作り

先日、VWGolfⅤ Gtiのコーティングやりました。

IMG_0005


コーティング前の下地作りは非常に重要です。
超微粒子コンパウンドと超微粒子目ウレタンバフで最終磨きをした後、油脂分除去の為専用液で脱脂をします。

コーティング前にはさまざまな工程が必要とされます。

IMG_0001
IMG_0003

複合デント

十和田市からオデッセイで来店してくださった、お客様の運転席ドアデント作業しました。


IMG_0018


写真では判りづらいのですが、蛍光灯を写しこませると3つの凹みが重なるように出来ていました。
縦長に若干折れもあります。

強風のときドアを開けたら、隣の車のドアミラーへぶつけてしっまたそうです。
風の強い時は充分注意が必要ですね。

修理の方は、若干のゆらぎが気になり、完璧とは言えないがお客様には喜んでもらえました。

後日お礼のメール頂きました。こちらをクリック。

まだまだ修行が足りません!今夏、関東の達人たちの元へ修行に行って来るつもりです。
   611_010


メンテナンス

VW トゥアレグのコーティングメンテナンスをやりました。


   mente

メンテナンスはコーティング剤本来の性能を長期維持する為にも、非常に大切です。

今回は昨年9月に「ダイヤモンドメイクエレメン」を施工したもので専用の「パルティ」というメンテナンスローションを塗り込む作業です。

コーティング剤の性能、撥水効果を復活させることが出来ます。

出来れば半年以内のメンテナンスが理想です。

私が技術習得させてもらった栃木県宇都宮のアペックスさんでは、3ヶ月ごとを勧めていました。

ドアトリムクリップ

初めての輸入車のドアトリム脱着ほど嫌なものはありません。

AudiA4は何台もやっていますが、どうしてもクリップを破損させることが多い。

ディーラーのメカニックに聞いても「やっぱり破損はあります。」と言ってた。

以前知り合いの鈑金屋さんも、「クリップ類は破損するもの、そのために予備の物をほぼ全て用意してある。」

と聞いたことがあります。

自分だけじゃないことがわかってちょっとは安心した。

A4はこれかも入庫するものと思われるので、早速ディーラーから1ダースクリップを購入しました。


doatorim

kurip

syatai

やさしさ

inu


今朝のデーリー東北の記事を涙しながら読んでいました。

こんなやさしい人もいるんだ・・・

犬がたまらなく好きで、家でも飼っているが果たして自分はこの方の様に出来ただろうか?
どこの犬かもわからず、「助けたい」 という一心であったと思う、すばらしい・・・

手術費用も自己負担、少ない金額だが負担分の一部を補って欲しいからお金送ろうと思います。

トヨタ純正パーツフィルム

トヨタカローラ八戸様依頼で、新型ヴィッツの純正パーツフィルム(IRカット透明タイプ)貼付けの為配車センターへ出張してきました。
以前、お世話になっていた会社で、懐かしい人たちに会うことができます。
役員の方達が声をかけてきてくれるのは非常にうれしいものです。

       IMG_0008

IMG_0005

IMG_0007


                                                                                                                                                                                                                                                                            

フロントドアガラス左右も含む全面施工です。リヤガラスは4枚分割貼りで、ジョイント部分はそれぞれフィルムの上端、下端を熱線の上下部分にきっちり合わせて貼る施工方法です。

説明書を見ながら社員が本来はやるのでしょうが、どう考えてもやった事のない者にはうまくできない世界です。

メーカーでもこの赤外線(IR)カット機能付フィルムの必要性を感じ、純正パーツとして出してきたものと思います。

リヤガラス1枚貼り

レビンAE110のフィルム貼りです。

リヤガラスへ大きめにフィルムをカットしてこれから1枚成形の準備です。
ボッシュのヒートガン(最高温度600度)を使用してツノを縮めていきます。

levin
bosh


今日(6/4)は朝一番で昨夜のビートルの仕上納車。
レビンAE110フィルム  トヨタアレックスフィルム(三沢市より来店)  フォレスターコーティング見積もり予約  ビートルフィルム  と忙しい一日でした。

フィルムR加工

カーフィルムリヤガラス1枚貼り!

この技術が米国より日本へ入ってきてもうだいぶなりますが、何もリヤガラスに限ったことではありません。
要するに、ガラスの湾曲にあった状態に、フィルムを熱により縮め成形していくわけだが、ドアガラス、クオーターガラスでもこの技術を必要とする時があります。_001


今日やったVWビートルもそうです。リヤはもちろん、クオーター、ドアガラス全てが湾曲がきつく成形なしではキレイに貼れません。

もしそのまま、貼ろうものなら写真のように上下にツノが出て折れの原因になります。

_002


両スライドガラス

ハイエースバンLH109Vの出張フィルム施工に行ってきました。
_002


_004

このタイプの後席サイドガラスは、両サイドに2枚がスライドするタイプで施工が非常に
困難です。極力外さない方法でやっているのですが、サッシ周りの汚れ状況等ではずしてやる場合もあります。
今回は外しての施工になりました。


出張で一番困るのは、思わぬハプニングに出くわした場合、日頃は使わない工具等を車に積み忘れてくることです。

遠い場所だと、取りにいくわけにもいかず、近くのホームセンターまで足を運んで必要な工具等を買いに行くことがよくあります。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »